洋風の家が多い中での和室へのこだわり

日本には西洋の文化がどんどん入ってきていてグローバルな社会になっていることもあって、注文住宅でのマイホームのデザインにおいても欧米風のデザインが好まれるようになってきています。確かに雰囲気が良く、きれいでお洒落で外国にいるみたいな雰囲気に浸れるのはとても嬉しいのですが、日本建築の良さが少しずつそうした流れによって失われてきているのは残念なことです。瓦屋根の家が少なくなっていますし、家の中はすべてフローリングの洋室にしている家が多いのです。それでもやはり高齢の人たちには和室の落ち着きと雰囲気が大好きで和室で寝たいという人は多いのではないでしょうか。和室を作るとなると畳が必要になるし、壁の素材や障子なども作ることを考えるとなると洋室を作るよりもはるかに費用がかかってしまうのは間違いありません。ですがやはり和室の価値を見過ごしたくないですし、洋室がメインだとしても一部屋は和室を作りたいという声があれば考慮したいものです。